2011年1月18日火曜日

ローフードと甘い物の過食

経験的に、この二つには関係があると思う。

二年前ローフードを始めたときは、みんなそうだと思うけど、100%ローを目指していて、実際それに近い食事をしていたっけ。で、体重が、別に減らそうと努力していたわけじゃないのに、スルスルッと落ちていった。

ところが、数ヶ月後。思いがけない変化。甘い物を食べ始めると、どうにも止められない自分に気づいて、愕然としたの。それまでも甘い物は好きだったけど、食事に影響するほどは食べなかった。そこそこの付き合い、っていうのができていた。

いろいろなローフードのブログを読んで気がついたんだけど、似た経験をしている人は、結構いるみたい。

栄養士でもない自分が、あえて推測すると、からだの機能っていうのは使わないと衰えていくわけで、それは消化吸収能力も同じ。ローをして肉や魚を食べないでいると、そういう動物性食品を消化吸収する能力が落ちてしまう。そして、一番手っ取り早く消化吸収できる炭水化物、特に砂糖の多い物に頼るようになってしまう。

ところが、砂糖には習慣性があるから、いったんこの砂糖に頼るパターンができてしまうと、そこから立ち直るのは、相当大変。意識して、少しずつでも動物食を取り入れて、消化吸収能力のリハビリをしないといけない。

ローフードが悪い、っていうわけじゃない。生の野菜をたくさんとるのはいいことだと思う。脂肪の取り方としても、生の種実類からとるのは(抽出した液体の油より)いいことだ。

だけど、100%ローがいい、って信じて、肉や魚を毛嫌いするのはヘン。これからローフードをする人は、理想主義っていうか、潔癖性のローでなく、ローを取り入れたバランスのいい食事を目指してほしいなー。(一度バランスを崩してしまうと、立ち直るのって、すごく大変です。経験者は語る、です)

追記:この記事、すごく人気で、同じことで悩んでいる方がたくさんいるのを知りました。それで、これを受けて、過食・摂食障害の克服法について、シリーズで書いています。興味のある方は、クリックしてそちらのカテゴリーの記事も見てやってください。


これは今日のお昼。なんか、アメリカのダイナーでよくでてくるプレートを、ローを取り入れてより健康的にした、って感じ。ベーコンエッグの下に、せん切りのキャベツがたくさん。それにゆでたジャガイモ少し。ダイナーだと、キャベツの代わりにハッシュポテトでしょうね。

それにしても、ベーコンなんて食べるの、何年ぶりだろう。おいしいけど、すごい匂いだなー。寝室と台所が離れている間取りでよかった。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

12 件のコメント:

  1. 去年あたりから、暫くロー生活をしていた人たちがばたばたと加熱食や動物性の食事とローのコラボレーションみたいのを始めていますね。
    皆、自分の体に何が必要なのか、とかどうやったら上手く食欲とかコントロールできるのか、とか人それぞれの本当に自分に合った食生活に気がつき始めたって事でしょうか。
    情報だけに振り回されずに自分の体と会話する。
    ローに出会って、実践して、自分の体を知って、自分なりの食生活を見つける。それって凄く素敵な事ですよね。
    それがローフードの一番美しい所かも知れないですね。
    私は手探り中ですがいつかこれだ!が見つかると良いな。

    返信削除
  2. そう、気づくためのきっかけとしては、ローフードってすばらしいと思います。
    この記事、結構よく読まれたみたいで、どうもみんなが気にしていることのような気がします。これまでは、ローフードのブログっていうと、ローのいいところばかり宣伝されていて、ローをしていく上での注意点、失敗例などは無視されてきているので、あえてこういうことを書くのは意味があると思っています。

    返信削除
  3. 素晴らしい記事ですね!
    こういった情報はとても貴重だと思います。
    加熱や動物性を増やしてみて、身体の変化などまたブログでご紹介してほしいです♪
    ワタシもあれこれ試して試行錯誤の毎日ですが、ローばっか→加熱も増やしてみる → やっぱりローかな…(シンプルな)
    というところに落ち着きそうな感じです。。
    でもまだまだ変化&進化の段階なので何が一番ベストなのかいろいろと試してみたいと思います!

    返信削除
  4. お褒めにあずかり、ありがとうございます。
    ブログ、どのくらいのペースで書いていくのが自分に合っているのか、手探り状態ですが、いずれ続きを書きます。

    返信削除
  5. はじめまして!
    私はこの記事通り、甘い物の過食がとまらなくなってしまった人間の一人です。。。
    自分にあった、食事をこれから少しずつ見つけていきたいと考えています★
    これからも参考にさせていただきたいです!

    返信削除
  6. ひあさん
    ああ、やはり、そういう方、相当いらっしゃるんですね。
    この問題(過食、摂食障害)は、これからも少しずつ書いていきますから、また見に来てください。わたし、少しずつよくなってきています。回復は、一直線ではなくて、複雑ですが(いろいろな要素がからまっているから。単に、消化器官の弱りだけでなく、習慣化してしまうこととか、食物アレルギーの件とか)。

    返信削除
  7. はじめまして。2008年にローに出会い続けてきましたが
    ここ1年くらいやっぱり変!と思うことが多々あって^-^
    試行錯誤な感じです(笑)そんなときにこちらの様な素敵な
    ブログを拝見することができて幸せです。有り難いです。
    ツイッタ―もフォローさせてもらってて、これからも一緒に
    勉強していきたいです~♪よろしくお願いします<(_ _)>

    返信削除
  8. こちらこそ、よろしくお願いします。
    もし、差し支えなければ、ローをしていてどんなふうに「やっぱり変!」と思うのか、教えてもらえませんか。

    返信削除
  9. おはようございます♪

    私も甘い物の過食がどうしても止まらない時がありました。
    バナナやナッツ、ドライフルーツを大量取っても止まらず。
    最近、特にたんぱく質、豆類だけでなく、お魚やお肉を少量
    取り始めてから少しずつ治まって来た様な気がしますが、
    まだはっきり分かりません。

    後は特に問題?なのが、、、たまに自然嘔吐があります。
    ただ単に食べ過ぎなのかも知れません・・・。試しに
    エビオスを飲んで様子をみています。気のせいか?少しずつ
    症状が良くなってきている感じが。。。

    やはり何かに100%偏るのは、あとで必ず反動の様なもの
    があると思います。ようやく今、自分の体とうまくバランス
    を取ることを学んでいます^0^

    返信削除
  10. 過食と自然嘔吐。。。それは大変でしょうね。お大事に。

    返信削除
  11. アケミさん、心配して下さって有難うございます<(_ _)>
    ただ、本人はそんなに真剣に悩んでいないのです。それが
    一番いけないのかも?!普通に生活してるつもりだし(笑)
    でもローがきっかけですごく体のこと、自分の事について
    深く考えるようになりました。素敵な1日を~♪これからも
    楽しみにしてます。

    返信削除
  12. 甘いもの 依存症で、調べていてこちらの記事にたどり着きました。
    私もロー生活を1年ほど続けているうちに極度の甘いもの依存に陥り、現在苦しんでいるところ。食べては戻し食べては戻し。。。完全に過食症の症状です。

    私の場合、治療目的でローをやっているため、食事量の制限もかなり厳しいので、その反動?で甘いものがとまりません。本当は甘いものもご法度なので、本末転倒?
    かといって甘いものをたくさん食べても大満足ではなく、何かの代理で砂糖を大量に摂取しているような気がします。
    あまりにも自分に厳しくしていたため、ある日突然、無性に普通の食べ物(火が通っているもの、肉類など)が食べたくなり、フツーに売ってる洋食弁当を買って近くの公園で太陽を浴びながらのんびりと食べて、あ~~私が欲していたのはこれだ!ってわかりました。。。
    甘いものを大量に食べるよりも、こちらのほうが心も体も満たされました。
    ローを続けると、ある一定期間の間はものすごく体調もお肌もよくなり、気持ちもよくなるけど、あまり長期間、100%目指してると、どっかでストレスになるような気がします。たまには自分の体が欲するもの、心が満足するものを食べて楽しむことでバランスをとる必要があるのかな?と感じてます。
    そういうときは罪悪感なしで食べるようにしたほうがより心身にプラスに働きそうです。

    返信削除