2011年2月1日火曜日

健康だと、小さなことに幸せになれる

二月三日は節分。しかも、今年は、中国の春節(お正月)にもあたるんだそうだ。なんか、おめでたそうだ。

ここ、オレゴンは、先週ずいぶん暖かくて、散歩していても楽しかった。ふと気づいたんだけど、からだの調子がいいと、小さなことにも幸せになれるね。「あー、今日はいいお天気だ」とか「あ、ここにもう小さな花が咲いてる!」とか。「ごはん、おいしそー」とか。(笑)

具合の悪いときは、こうはいかない。相当に「いいこと」があっても、ピンとこない。まして、小さなことなんて、まるで気づかない。「幸せ」って、どこか遠くにあるもんだと思い込んでいたりして。

健康は、一人一人の体質とか、生活のクセとか、考え方のクセとか、環境とか、いろいろなことに関わっているけど、食事も大きい。

そういう意味で、ローフードを始めて、からだの具合がすっきりして、今まで見落としていたいろいろなことに気づく、っていうのは、すばらしいよね。わたし、ローフードをする上での注意点、をよくブログに書くけど、決してローが嫌いなわけではないの。毎日の食事を見てもらってもわかるように、サラダやローのスープやヘンプシェイク(グリーンスムージーの応用)は、毎日登場するし。



ヘンプシェイク(ロメイン、セロリ)
ローのカボチャのタネ少し



Hideaway でベジタリアンな丼(白いごはん、ローストしたズッキーニ、赤ピーマン、タマネギのソテー、カボチャとヒマワリのタネ、ゴマ、内容はよく知らないけどグルテンと乳製品を使っていないことは確認した赤いソース)
ビスコッティ



ローの緑のスープ

元気のいい葉っぱのついた大根を見かけたので、その大根葉とフェンネルで。不思議な組み合わせかなぁ。

玄米粥、梅干しペースト、海苔、
カリフラワーのマリネ

ちょっと疲れ気味。よって、料理は手抜き。


写真は、クレイトニア(claytonia)という野草。(日本語で何というのか知っている方は、お知らせ下さい)食べられる野草ということで、育てているの。

おまけ

生活の温度」の null さんが、これはハコベの仲間なんだと、コメントで教えてくださいました。ありがとう。

その中で出てくるので、こちらでパースレーン(purslane)と呼んでいる野草の写真も付け足します。昨年夏のものです。


おまけ、その2

もう少し勉強してみました。この二番目の写真の野草は、日本ではスベリヒユと呼ぶようです。しかも、null さんのおっしゃるとおり、この両方を「パースレーン」と呼ぶ場合があるようです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

4 件のコメント:

  1. クレイトニアかわいいですねえ。ハコベみたいだなあと思っていたら、やっぱり「ツキヌキヌマハコベ」という名前らしいです。
    園芸名は「パースレイン ウインター」。
    オランダ産ハーブなんですね。

    それにしてもそちらは暖かそうでほんとにうらやましいです。日本も明日は節分なのだから、そろそろ暖かくなってくれるかしら。

    返信削除
  2. null さん、ケガしてらっしゃるのにわざわざこちらに来ていただいて、恐縮です。

    ハコベの仲間なんですか?確かに、よく似た小さい白い花が咲きます。パースレーンともいうんですか?こちらでは、パースレーンは全然違う野草です。オメガオイルが多いとかで、昨年夏に育てていました。写真、付け足しておきますね。このパースレーンは、霜に弱いので、今はないのですが、夏に向けてまた育ててみる予定です。

    返信削除
  3. 今、ちょっと調べてみました。このサイトにある「ツキヌキヌマハコベ」そうです、こういう花です。まわりにぐるっと葉があって突き抜けているように見えて、確かに、ちょっとじめじめしたところに、よく生えています。寒さにも強いです。かわいいけど、カサがなくて、サラダの飾りくらいにしかなりません。:)

    http://blog.goo.ne.jp/poncafe/e/74ca5a84095547f0db3253e49b761579

    返信削除
  4. サラダの飾りくらいにしかなりません、ってのがなんともかわいらしいです。
    そうですそうです、スベリヒユの仲間なんですよね。ハコベには似ているけど、ハコベの仲間ではありません。(でもお花は似ていますよね〜。)
    葉っぱを突き抜けて花が咲いたように見えるから、そんな名前なんでしょうね。

    きょうは日本もあったかいです。よい節分です〜。

    返信削除