2011年2月4日金曜日

玄米が白米よりからだに悪いかもしれない三つの理由

「健康」を心がけている人たちの間では、玄米菜食がふつうの白米よりいいっていうのは常識らしいが、私はあやしいと思う。ちょっと考えてみただけでも玄米にはいろいろ問題点がある。


何よりこわいのは残留農薬。農薬が直接つくモミはとってあっても、玄米の糠の部分には農薬が残っているんじゃないか。つまり、玄米派の人は、

玄米=白米(胚乳)+胚芽+糠(胚芽と糠には栄養がたくさん!)

と思っているけど、実は、

玄米=白米+胚芽+糠+残留農薬

なんじゃないか?

白米にも、農薬は残っているのかもしれないけど、より内側にあるのだから、糠に残っている量よりはずっと少ないと思う。

だから、無農薬のものが手に入るのでない限り、玄米より白米の方が安全かも。そして、私は、多少の栄養の有る無しより安全が大切だと思う。栄養は他のものからでもとれる。体内に入ってきた毒物はーーその後どうなるのか、ミステリー。


それに、玄米はよく噛まないと消化に悪い。消化しきれなかったら、余分にとれるはずの栄養も取れない。

私も一生懸命噛んでみたけど、一口ごとに100回くらいも噛んで、食べ物をすっかりドロドロの状態にするのは、とっても大変。それができる人はいいけど、できない人にとっては、玄米は胃腸の負担になるかもしれない。

じゃあ、玄米粥とかクリームにしたら?そう、私も、こういう食べ方は好き。玄米をふつうに炊くよりラクだしね。

でもこれでお寿司や炊き込みごはんは作れない。ふつうの形のごはんが欲しい時ってあると思うし、そういうときは、胚芽米とか白米でもいいんじゃないか?アマランサスを混ぜたごはんも好き。ごはんがよりモチモチするし、栄養的には、米に足りない必須アミノ酸のリジンをアマランサスが補ってくれる。


玄米にはフィチン酸がある。フィチン酸って、ローフードをしている人は知っているだろうけど、大切なミネラルの吸収を邪魔し、さらには体内のミネラルまで排泄してしまうらしい。発芽玄米にすると、フィチン酸は減るらしい。

体内に毒素がたまっている人は、フィチン酸がそれを運び出してくれるので、それで病気が治ったりするらしい。でも、治った後も玄米を食べ続けると、かえって体調に響くとか。

玄米か白米かに決める必要はないと思う。要は、ケースバイケースで、おいしい食べ方のできる方がいい。

日本の米食で問題なのは、玄米の方が優れているかとか、白米に栄養があるかとかでなく、全体に米を食べ過ぎることだと思う。この記事でも書いたけど、日本人が昔から米を主食にしてきた、っていうのは、かなり無理のある理論だし。

追記:「でも、血糖値は?白米はGI が高いんじゃないの?」という方は、こちらの記事も見てくださいね。^_^



プロテインパウダー入りグリーンスムージー(ロメイン、セロリ、バナナ)
カボチャのタネ少し



骨付き鶏肉のポトフ(タマネギ、ニンジン、大根)
スープは、肉の食べ方では、一番消化にいいと思う。

おやつ

バナナと冷凍チェリーのヘンプシェイク
グルテンフリーのサワードウブレッド1切れ


今日は買い出しにいって、そこでグルテンフリーのパンを見かけたので、試してみる。でも、これは失敗。いかにも、「主材料は米粉」って感じの思ったるい食感と味で。だいたい、ふくらみがあまりにも悪い。


右は、比較のためフリーザーから出した、いつものグルテンフリーのパン。(Hideaway Bakeryの。これは、かなりおいしい。)



自家製のフムス。チンゲンサイの茎の肉厚なところにつけて食べるの、好き。
鶏と野菜のポトフ
キャロットケーキ

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

10 件のコメント:

  1. 今回もまた興味深い内容ですね。
    玄米のキレート作用。
    認識しておきながらも、血糖値が上がりにくいとか何とかという理由で玄米を選んで食べるワタシ。
    発芽させているからまだいいのかな?
    なにはともあれ、どんな食品でも単一食品の食べ過ぎはよくないですよね。
    また、興味深い記事を楽しみにしています!

    返信削除
  2. 血糖値の話、次に書きますのでお楽しみに。
    「どんな食品でも単一食品の食べ過ぎはよくない」全く同感です。

    返信削除
  3. アケミさん、初めまして。ブログ参考になります!これからも勉強させてくださいね。いつかオレゴンに遊びにいきたいです。←いきなりかい。
    玄米白米のこの記事は私の助けになりました。というのも白米はエンプティカロリーという身も蓋もないいい方に最初は縛られていて、玄米キライなのに食べなくてはならぬみたいな思いがいつもあったのですが、このところ解放されつつあったところ、アケミさんのおかげで一気に突き抜けました。ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

    返信削除
  4. こんにちわ、わたしのブログを見てくれてありがとう。
    そう、みっきねぇさんみたいな方、多いんですよね。白米と玄米と、きちんと数値の比較する以前に、「玄米の方がいい!」って思い込んじゃう人。白米でも、食べ過ぎなければ、いいと思うんです。

    返信削除
  5. はじめまして!お米と玄米のことを調べていたらここにたどり着きました。
    私は胃腸が極端に弱く、玄米食が苦手です。だからといって、食べないわけではありませんし、お米を使ったお店を経営しているので、「玄米置いて」といわれることもあります。しかし、、、お米が好きなことと、農薬の問題がクリアできないため、精米したものを無洗米仕様に精米してから使うことにしています。使う前に精米するので、糖質はぐっと高くなります。
    おにぎりやお茶漬けにはお米が甘いほうが美味しいことがわかりました。

    そして、マクロビ本の成分表で疑問がわきました。
    玄米がエネルギー値が低いことです。お米を削ってないのが玄米なら、逆に多少は糖質もエネルギー値も高くないと変だと思ったのですが。。。
    要するに削った分、お米のほうが体積が減り、同じ100グラムで比べれば削った分だけお米の分量が増えるから、玄米より糖質が高いとか、エネルギー値が高いとかということになるわけで、これって、同じ粒で換算したら、逆かもしれないと思うと、量り方で数値は変わり、本来は同じかそれ以下かもしれないということです。一概に玄米が健康的だとはこの点に関しては言えない気がしてきました。。。

    ようはバランスよく食べるということが大切なんだと思いました。
    アケミさんがおっしゃるように、他からでもミネラルは取れるわけですから。 元気もらいました!ありがとぉ! これから時々遊びにきます!

    返信削除
  6. 栄養について書いたものには、数字のマジックというか、例えば、「玄米は白米の○○倍のビタミンなんとかがある!」とかいうの、それが正しいとしても、誤解を招きやすいと思います。白米の何倍あるか、でなく、一日の必要量のどれだけをとれるのかが大切なわけで。そして、他にも、もっと効率よくその栄養が取れる食品があるかもしれないし。昔のように副食が少なかったころならともかく、いろいろな選択がある現在、そういう言い方はヘンだと思うんです。

    バランス、大事ですよね。お腹、いたわってあげてください。

    返信削除
  7. こんばんは。
    私は昔90キロありましたが、白米菜食(といっても動物食品を食べる時もある)を1年半敢行し、30キロ痩せました。
    白米、味噌汁、黒ごまや黒五を多用してましたね。
    白米に稗や黒米を混ぜる時もあります。
    現在も朝から白米300g以上食べ、体重は62キロ、体脂肪率は10%以下をキープしています。身長は176cmですね。

    返信削除
  8. 追記。白米は自分にとって素晴らしいダイエットの相棒でしたが、
    このような白米菜食を長期間することには否定的です。
    今は動物食品も普通に食べております。
    ただ、玄米菜食をしなくても大いに痩せました。白米はなかなか良い食品だと思います。


    返信削除
  9. 経験談、ありがとうございます。やはり、実体験って、説得力ありますよね。

    返信削除
  10. フィチン酸についてはよく聞きますが
    実際のところは、
    玄米に含まれてるのはフィチンであって、
    すでにミネラルと結合してるので仮にミネラルを身体から流しちゃうとしても、
    マイナスにはならないみたいです。
    それにフィチン酸またはフィチンはIP6ともいわれ抗ガン作用もあるようです。
    まあ、どっちを食うかは人それぞれですけどね。

    返信削除