2011年2月9日水曜日

生きている間のこと

「わたし、死んじゃうのよね」なんてことを、面と向かって人にいうと、ビックリされてしまうので、控えるようにしてるけれど、でも本当のことなんだ。

今夜か、三年後か、三十年後か、さらには五ー六十年後かはわからないけど。(個人的には、あと五十年も生きる、なんて、考えただけで疲れてくる。まあ、今夜っていうのは極端にしても、そこそこのところで手をうってほしい。)

生きている間は、元気でいたいし、そのために、それなりの努力をするつもり。でも、どんなに健康に気を配っても、永遠に生きられるわけじゃないんだ。これは、生きている間のこと。

今朝は、冷え込んだ。摂氏でマイナス1度。以前住んでいたオハイオ州コロンバスは、最低がマイナス18度、最高がマイナス7度の予報だから、それに比べたらずっと暖かいけど、ここしばらく春の陽気が続いていたので、ちょっとつらい。

写真は、うちの前の木の花芽。モクレンの仲間なんだと思う。この毛むくじゃらの花芽が秋のうちにできて越冬する。




このバナナ色のスムージーの材料は何でしょう?


答えは黄色いパプリカ。クルミも入れて、濃いドリンクにしてみた。

グルテンフリーのパン1切れ



リンゴ
鶏と大根のスープ煮
チコリとフムス
ビスコッティ



ヘンプシェイク(セロリ、ロメイン)
コーンブレッド

午後、歯医者さんにいったので、まだ麻酔が残っている。とりあえず、冷凍バナナで口当たりのいいヘンプシェイクを作り、さあ、ごはんは。。。なんとなく、ふつうの「ごはんとおかず」でないものが欲しくて、買い置きのミックスでコーンブレッドを焼く。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

0 件のコメント:

コメントを投稿