2011年3月3日木曜日

ローフードがあう体質、あわない体質

ローフードで摂食障害が治った、という人がいる(日米とも)

わたしのように、ローフードを始めてからしばらくして、摂食障害(特に、甘い物の過食)が始まった、という人がいる(これも、日米とも)

この、一見矛盾する意見に、わたしは、一時どんなに悩んだことか。

だけど、これ、実は矛盾でもなんでもないんだ。

要は、いつもいっていることだけど、人によってからだは違って、向き不向きがある、ということ。だから、自分にとってうまくいったからって、「これがいいのよ!」って押し付けてくる全体主義には、もうついていけない。

わたしのように、もともと胃腸のちょっと弱いタイプ、病気というほどじゃないんだけど、時々胃が痛くなったりして、一生懸命、筋トレしているのに筋肉のつきにくいタイプ、東洋医学でいう陰性体質の人は、気をつけてローフードを取り入れる必要があると思う。

いや、生の野菜や果物を食べることはいいことなんですよ。だけど、食べ過ぎると、繊維(特に不溶性繊維)が胃腸を痛める気がする。これは、どんなにバイタミックスでブレンドしても、です。

東洋医学的にいうと、生ものは陰性だしね。

女性は、一般に男性よりも、陰性が強いことと、男女とも、年を取るにつれて陽気を失っていく(つまり陰性に傾く)ことも、覚えておいてね。

女性でも、いわゆる血の気の多いタイプ、エネルギーがあり余っていて、少しそれを抜いてやると、かえって調子が良くなるようなタイプは、デトックスを促すローフードがぴったり、問題なしなんでしょう。

摂食障害のからだレベルの原因のひとつに、無自覚なままおきている栄養障害があると思うけど、その原因のひとつは、本当は自分のからだに合わないものを、「これはからだにいいから」と頭で説得して食べている、というのがあると思う。

グリーンスムージー飲んだ後、本当に気持ちいいですか?もしかして、胃のあたりが不快じゃないですか?

このへん、なんとなく自分でも、もやもやしていたところへ、Asami さんのブログに出会って、「やっぱり!わたしだけじゃないんだ」って、嬉しくなりました。

心当たりのある方は、一度、ロー率を下げてみたらどうでしょうか。スムージーよりジュースの方がいいかもしれないし。実際にどのくらいがいいのかは、自分のからだと相談してみてください。

それから、痛んだ胃腸を修復するために、十分なタンパク質をとること。菜食の人は、動物性食品をとることを考えること。(動物を食べることに抵抗のある方、わたしの「菜食主義を考える」シリーズ、読んでみてください。罪悪感持って食べていると、それも消化に悪いでしょうから。)

あ、それから、摂食障害に興味があって読んでいる方へ。よかれと思ってしていることが、かえってからだにあわない、というのは、ローフードだけじゃないです。玄米菜食でも、その他のダイエットでも。対策としては、やはり、自分のからだの声に敏感になること。試しに、もっと「普通」の食事に変えてみること。そして、胃腸が弱っている場合は、タンパク質をきちんととること。

ところで、ロー率減らしていても、ブログ村のカテゴリーは「ローフード」でいいんでしょうか。どこかに移ろうかとも思ったけど、どこにいっていいのかわからないんです。ローフードが好きな人って、健康とか自然とか好きで、新しいことにオープンで、わたしとしては、これからもこのカテゴリーでいきたいんですが。いいでしょうか。

応援クリックしていただけると、とっても嬉しいです:)昨日とその前の摂食障害に関する記事で、応援クリックが多かったの、とても励みになっています。

この(↓)ボタンは、別窓が開くので、このブログを読み続けられます。にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


そういうわけで、最近は、グリーンスムージーの代わりに卵料理を、朝食べています。塩味だけなのに、蒸したブロッコリーも、メチャうま!(実は、この後、おかわりした)グリーンスムージーは、一日一杯まで、にしている。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

7 件のコメント:

  1. ↑あ、ブロッコリー!!
    おかわりだなんて、ブロッコリーハイ伝染しました?
    リンク入れてくださってありがとうございます☆
    私も、生野菜は繊維を除いてジュースにするのが、スムージーよりもサラダよりも最も体がラクです(作るのは最も面倒ですけど)。そして残った繊維は加熱してスープに入れて食べたりするとムダにもならず、おいしくいただけますね。

    返信削除
  2. はじめまして。トモと申します。20代後半の女です。
    こちらのブログを読ませていただいてすごく心がほっとした思いです。
    私は半年前くらいからローフードを始めたのですが、今年に入ってからストレスで胃を悪くしてやめました。生理も半年止まり、自分が世間とかけ離れた世界にいってしまったようで、夫とも仲が悪くなったし。精神不安で毎日涙が止まらない、ほんと最悪でした。
    ローフードなんて知らない方が幸せだった、と思います。
    今は朝だけローフード、あとは普通の食事してますが罪悪感が止まりません。
    動物性のものも穀物も心ゆくまで食べられない。あまりのストレスである日甘いお菓子に手が出てしまってから毎日少しずつ食べるようになってしまいました。幸いやめようと思えばなんとか食べずに済むレベルです。

    今回こちらの記事を読ませていただいて、私の悩みの答えがそのまま書かれているようで、感動しました。
    食べたいなら食べてもいいんだって、肩の力が抜けたような思いです。
    今まで普通の食事してる自分は意志の弱いダメ人間だ、病気になると自分を責めていました。思えば完全にローフード教の信者になってたんですね。
    まだまだ、ローフードの洗脳が邪魔するかもしれないけど、頑張って心と体が喜ぶ食事を探していこうと思います。
    素晴らしいブログに出会えたことに本当に感謝します。ありがとうございます。

    返信削除
  3. Asamiさん、
    ブロッコリー、ホント、おいしかったです。これから、あたたかい野菜の料理、いろいろ思い出していくつもりです。

    ともさん、
    はじめまして。コメントありがとう。
    ということは、ローフードのアンチテーゼみたいなこのブログが、ローフードのカテゴリーにある、っているのは、意味があるのかもしれませんね。
    何でも、心置きなく、楽しく食べてください。

    返信削除
  4. 「ローフードを始める」とか「ローフードを取り入れる」とひとくくりに言ってもその内容は各人各様で、更に言えば食事ごとに違うと思います。

    もし差し支えなければ、アケミさんが体調を崩された頃になさっていた食事内容と量を、参考のために聞かせていただけないでしょうか。

    私自身は、基本的に、「おいしいから、満足感があって体が楽だから」という理由でローフードに関心を持ち、このブログ村にもレシピのヒントをもらおうくらいのつもりで来ています。個人的には、摂食障害についてローフードとの関連で語られることに、非常に違和感があります。利害関係のないところにいる通りすがりの者の個人的な意見です。

    返信削除
  5. こんにちは。
    そうですね、朝はグリーンスムージー(青物130グラムくらいとバナナなど、時々プロテインパウダー入り)、でもこれではおなかがいっぱいにならなかったので、さらに果物かローのカボチャのタネ。昼は大サラダ、ドレッシングはタヒニやアボカドを使ったもの。時々、ローのフラックスクラッカー。夕方、絞り立てのジュース、これも時々。夕食はローのスープとか、別の種類のサラダとか(たとえば、麺状にした野菜とか)ローのスイーツも、時々。

    ローフードが摂食障害の主な原因だ、というわけではないですが、わたしの場合、関係しているし、コメントの様子からして、同じことで悩んでいる方が、たくさんいるようなので。

    返信削除
  6. ローフードは素晴らしいと思いますが、残念ながら私には合わなかったようで、私もローフードを始めてしばらくして摂食障害になりました。
    加熱食/非加熱食、動物食/菜食の、栄養的・思想的是非以上に、皆と同じものを食べるということができないことが、非常にストレスでした。人間は社会的動物であり、一社会のアイデンティティーの基礎には、「同じものを食べる」という営為が紛れもなくあると思います。社会的な活動をまったくしないのでしたらいいのでしょうが、私には無理でした。
    また、人のおもてなしを受ける場合に、人が好意で用意してくれたものに対して「食べられないので」と断ることがどうしてもできませんでした。それでも何とか菜食であることを伝えて、しばらくは完全な菜食でいたこともあるのですが(加熱食に関しては外食時は妥協)、そのたびにひどい自己嫌悪に陥り、結果として精神を病みました。
    まあ外食を例外にしてしまえばこういった問題は起きなかったのかもしれませんが…。日本は、それこそ「皆同じ」を前提にしてなる社会ですので、菜食でしかもローを貫くのはとても大変だと思います。

    返信削除
  7. はじめまして。
    非常に興味深い記事ありがとうございます。
    美味しい加熱食をいただくために、おいしいローフードを研究してます。
    オメガ3の記事を探してこのブログにたどりつきました。
    私は血の気が多いのタイプなので、ローフードはあっているみたいです。(笑)
    これからもよろしくお願いします。

    返信削除