2011年3月22日火曜日

甘いものを食べると一時的に気分が良くなる理由

甘いものはからだに悪い、そのときだけじゃなく習慣になるのが恐ろしい、とわかっていても、あの、食後のほっとする感じ、たとえ一時的にでも、緊張がほぐれてラクになる感じ、あるいはもっと積極的に嬉しい感じ、あれなしには暮らせない、って思う人は多いよね。

甘いものを食べた後いい気分になるのには,次のような理由があるらしい。
  1. 血糖値が上がって、低血糖状態が解消されるから
  2. 脳内でセロトニンが作られるから
  3. エンドルフィンが分泌されるから
  4. ドーパミンが分泌されるから
今回は、1と2の話。3と4については、おいおいゆっくり説明します。(記事、書きました。リンク先も、読んでやってください)

低血糖状態というのは、生命保持の危険状態だから、ものすごくつらい。最悪の場合、意識がなくなって、死んでしまう。だから、からだはなんとしても血糖値を正常レベルに上げようとする。それには、アドレナリンの分泌とかいろいろあるんだけれど、もちろん、一番手っ取り早いのは、糖分を取ることだ。

ところが、甘いものや主に炭水化物のものを食べると、今度は血糖値が急上昇してしまう。からだは急激な変化に過反応する傾向があるので、ここでインシュリンが出過ぎて、まもなく低血糖になってしまう。そして、その低血糖状態を抜け出そうと、また甘いものに手を出してしまう。

泥沼の血糖値乱変動です。株価の乱変動よりこわいです。

次に、セロトニンのこと。セロトニンは神経伝達物質のひとつで、安定したいい気分を作ってくれる。逆にいうと、セロトニンが減ってくると、不安で憂鬱で、ちょっとしたことでイライラしたり、やる気が出なくなったり、さらには睡眠障害や体内時計の乱れもおこる。

もしかして、この震災後、以前は好きだった趣味に興味がなくなってしまっていたり、なんだか睡眠や食事のパターンが崩れていませんか。

ちょっと面倒だけど、糖分がセロトニンの生成を助ける仕組みを見てみます。

セロトニンは、アミノ酸の一種のトリプトファンから作られる。詳しくいうと、トリプトファンが5-HTP(5−ハイドロクシトリプトファン)となり(ここで、酸素が必要)、それがセロトニン、化学名でいうと5−HT(5−ハイドロクシトリプタミン)になる(ここで、ビタミンB6が必要)。

ここでおもしろいのは、気分が安定するためには、トリプトファンか5−HTPが血液脳関門を超えて脳内に届き、そこでセロトニンに変換されないといけない、ということ。実は、体内のセロトニンの8割は、腸にあって、腸の動きを制御している。でも、セロトニンは血液脳関門を超えられないので、腸や血流中にあるセロトニンは気分とは関係ない。

血液脳関門っていうのは、脳が血液から栄養を受け取るときのフィルター。脳は、特別な器官なので、血液内にあるものを何でも受け入れるのではなく、一定のものしか入れないようになっているらしい。(誰が設計したのか知らないけど、うまくできているよね)

じゃあ、トリプトファンを含む食べ物(要するにタンパク質)や、なんならトリプトファンのサプリメントをとればいいじゃん、そうすればそれが脳に届いて、セロトニンができて、いい気分になれるんでしょ?・・・んー、そう簡単ではないらしい。

血液脳関門では、他のアミノ酸も、脳に入ろうとしている。で、どうも、トリプトファンっていうのは、弱虫っていうか、この脳内に入る競争で他のアミノ酸に負けちゃうことが多いらしい。

血液中にはちゃんとトリプトファンがあるのに、脳に届かない。困った。

ここで、インシュリンが、おもしろい働きをする。インシュリンって、血液内の糖分を脂肪に変えて血糖値を下げるだけでなく、タンパク質の生成を促す働きもあるんだって。

で、私たちの体内でタンパク質が作られる時、トリプトファンはあまり要らないんだって。

つまり、タンパク質の生成が促されると、他のアミノ酸は筋肉の方にいって、血液脳関門での競争が軽減し、トリプトファンは無事、脳に届くわけ。

これが、甘いもの(さらには、炭水化物すべて)を食べると、ホッとする理由。

だけど・・・こうやって、砂糖や炭水化物をとることで余分なインシュリンを出して、その影響で、セロトニンの生成を助けてやろうとすると、そのときはよくても、長い目で見たら問題だよね。だって、インシュリンが余分にでているということは、肥満や糖尿病になる可能性が高くなる、ということだから。それに、セロトニンを増やすのに糖分に頼るようになって、摂食障害(依存症)がおきてしまう。

ということで、次回は、甘いものに頼らずにセロトニンを増やす方法についてです。

応援クリックお願いします。(別窓が開きます)→ブログ村 料理ブログ


何度も言いますが、オレゴンは雨が多いです。セロトニンの生成には不利な土地柄です。でも、雨が多いっていうことは、虹を見る機会も多いわけで。これは、昨日の午後の。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

2 件のコメント:

  1. アケミさん、こんにちは。再開されていたのですね。うれしいです。この記事の続きが早く読みたいです。いつも参考になる情報をありがとうございます。虹きれいですね♪オレゴンに行ってみたくなりました。

    返信削除
  2. みっきさん、
    虹きれいでしょう?このときはうちにいたので、ちゃんと写真に撮れて、嬉しかったです。

    返信削除