2011年3月28日月曜日

「ローフードとかマクロビとか知らないでいたときの方が、健康だった気がする」

摂食障害に関するシリーズの中間まとめ的な記事「摂食障害は複合汚染」に、こんなコメントが寄せられました。これ、意外とよく聞くんですよね。たしか、Asamiさんも、そういっていたし。

わたし、これってありうると思う。本来、からだは自分に必要な食べ物、栄養をちゃんとわかっていて、その自然な欲求に従って素直に食べていれば、健康でいられるのだろう。

そこへ、ヘンに「何々はからだにいいから、もっと食べて!」「あ、それはからだに悪いから、食べちゃダメ」とか、知識として詰め込んでしまうと、混乱してしまう。

ローフードの問題点、まとめ」でも書いたけど、現在のローフード理論って、ずいぶん片手落ちで、不十分なの。新しい食べ方としておもしろいし、生の野菜や果物を十分にとることはいいことなんだけど、極端な菜食をすすめたり、いろいろ偏ったところもある。

だから、試してみて、「これってちょっとつらいなー。やっぱりお肉も少しは食べたいな」と感じたら、それはそれでいいの。いや、あなたにとっては、その自分のからだの声の方が、有名な先生の指示より大事なの。

ただ、この思い込みに引きずられる食生活が長くて、もう自分のからだの声がよくわからなくなっている場合や、摂食障害などで栄養のバランスが崩れていて、からだの声そのものが混乱している場合もあって。。。(ため息)

わたしがこのブログでしようとしているのは、食生活に関する、そういう思い込みを、ひとつひとつ見直して、最終的には、各自が自分にあった食べ方を見つけてほしい、ということなんだけど、この場合も、わたしが書くことを鵜呑みにして、さらに思い込みを深めていかないでね。

たとえば、昨日の動物性脂肪の記事。あれは「だから、もっと動物性脂肪を取りなさい」という意味の記事ではないのよ。そうでなくて、「動物性脂肪は悪者扱いされているけれど、そうじゃないかもしれないよ。こういう見方、研究もあるよ」っていうこと。

今以上に動物性脂肪をとって体調が良くなるかどうかは、人によって違うでしょうね。だから、あの記事を読んだあと、試してみるのは、あなたの自由と責任。

ただ、ああいうことを書かないと、盲目的に「動物性脂肪はダメ、太る」って思い込んでいる人(わたし自身、そうだった)が、きっとたくさんいると思うから、だからわざわざ書いたの。

最後に。今、健康を害していても、よくなることはできるんだよ。だから、投げないで、少しずつでも、食べ物といい関係をつくっていこうね。

わたしの個人的な感じでは、ある程度タンパク質と脂肪の摂取量をふやしてから、体調はずっと良くなりました。ローフードやっていたころは、食事と食事の間も、なんか食べ物のことが気になって、そわそわしていたけど、昔ながらの「肉・魚・卵+野菜」の食事って、満足感があって、次の食事までしっかりエネルギーが続く。食事から数時間して、お腹がすいてきても、だからってイライラしなくて、ちゃんと次の食事の用意ができるし。

応援クリックお願いします。(別窓が開きます)ブログ村 料理ブログ


昨日は、雹まじりの雨だった。下の駐車場は雨が川のように流れている。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ←おいしいもの、作って食べて楽しみましょう(クリックすると、他のすばらしいローフード/料理ブログを満載したサイトに飛んでいけます。よろしく!)

2 件のコメント:

  1. ももです。アケミさん、ありがとうございます。

    >わたしがこのブログでしようとしているのは、食生活に関する、そういう思い込みを、ひとつひとつ見直して、最終的には、各自が自分にあった食べ方を見つけてほしい

    ↑まさに、そういう感じでアケミさんブログに出会ってから「あ・・・。私、思い込んでたかも。そして追い込んでたかも」ということに、まず気づくことができました。
    今、幕内秀夫という方の「ポテチを異常に食べる人たち」という本を読んでいるのですが、依存と依存症の違いや「体の健康」のことばかり考えて実践することで「心の病」になる・・。みたいな事が書いてあって、ホント、何よりも「自分の欲求」を無視しまくってたら恐いな・・・。と・・・。

    >今、健康を害していても、よくなることはできるんだよ。だから、投げないで、少しずつでも、食べ物といい関係をつくっていこうね。

    「食べ物とのいい関係」。って言葉を目にして改めて思うこと色々ありました。本当は違うものが食べたいのに「身体にいいから。悪いから」という基準で食事をして、結果、摂食障害になってしまった自分・・・。食べることが自分を辛くさせることになるとは数年前は思いもしませんでした。
    今は「心」がしんどい方が辛いです。良くなりたいな。

    返信削除
  2. ももさん、こんにちは。
    食べ物とのいい関係、って、わたし自身、自分にいつも思い出させていることです。
    依存症と依存の違いって何ですか?今、依存症とドーパミンの記事を書き上げたところです。来週あたり発表します。

    返信削除