2012年3月12日月曜日

何を育てるのか、それが問題だ

家庭菜園、春先の準備段階での、一番の問題は「何を育てるのか」でしょう。

ベランダには、ある程度のスペースがあるけど、私が世話をしきれる量でないといけないわけで、それがどのくらいか、本人にもよくわかっていない。

基本ポリシーとしては、プランターで育てやすいもの(主に葉菜)で、お店で手に入りにくいもの。だけど、お店やカタログで、おもしろそうなものを見ると、それも試してみたくなっちゃうのよね。

これまで育てたもので、リピ決定しているものは、


パースレーン。写真は、昨年の緑色の(なぜか、ゴールデンパースレーンという名)。その前に、茎が赤いタイプを育てていて、気のせいか、赤いのの方が、おいしいし収量が多かった気がするけど、緑色の種がまだあるから、使ってしまおう。

サラダにいいし、グリーンスムージーに入れると、ふわっと濃くなるんだよ。


それから、アマランス。これは、夏、暑くなると、グングン伸びる。ちょっと田舎臭いような、ひなびた感じの味。(種を取るつもりはないので、夏場の葉菜として活用します)

毎朝、グリーンスムージーを飲むから、葉野菜はバラエティが欲しいんだよねえ。炒めたり、蒸し煮にした葉っぱも好きだし。

ニラも増産する予定。(米国では、普通のスーパーでは売っていない)

ベランダに続くリビングも、日当りがすごくいいので、夏、暑くなりすぎるのを防ぐために、窓の外に、ツルものを植えたい。豆類か、苦瓜か。平たいインゲン(日本では、モロッコインゲンというらしい。こちらでは、イタリアンだと思われている)にしましょうか。

バジルは、お店でも買えるけど、切るとすぐに黒ずんでしまうから、育ててみたい。青シソも少し。あ、ミントも。(ミントは、ひとつしか入らないので、苗を買う予定。で、苗を買いにいくと、多分、他のハーブも欲しくなる気がする)

日当りがいいんだから、モロヘイヤって、育ててみたいなあ。(ツルムラサキもよさそうだなあ)

サラダに、食用のお花を入れるのって、ステキだなあ。食用のマリーゴールドとか、ナスタチウムとか。マリーゴールドは、以前、食用でないタイプのを苗から育てたことがあるけど、長い間、次々に花を咲かせてくれて、ありがたかった。ナスタチウムは、ハンギングバスケットがいいなあ。

チコリやエンダイブは、寒さに強いから、秋からにする予定。

米国では、家庭菜園っていうと、トマトが欠かせないんだけど、どうしようか。キュウリ(日本的な細いの)もいいなあ。(果菜を育てるの、まだちょっと自信がない)

サラダ用の小さいカブ、あれ、葉っぱもおいしいんだよねえ。根菜、できるんだろうか。

えー、手持ちのプランターの数を考えると、もうこれで一杯じゃないのかな。もっとプランター買って、ベランダをジャングル化しようか。

にほんブログ村 料理ブログへ

2 件のコメント:

  1. あはは~。私より野菜たくさん育てちゃいそうですね!ミントはスペアミントにしてくださいね。乾燥させてしゃりしゃりにしたらサラダに混ぜてください。さっぱり爽やかです!一つの苗で怖いほど増えますからね!お気をつけて。
    アマランスもバースレーンも知りません(汗)。美味しいんですね?生食ですか。
    ベランダのジャングル化、いいですね。途中経過の報告をお待ちしております。

    返信削除
  2. ミント、私はナマでサラダやスムージーに入れていました。乾かしていれる方もいるんですね。たくさんとれたら、お茶にしてもいいですね。

    アマランスは、さっと炒めてもおいしいです。

    返信削除