2012年7月19日木曜日

ベランダ菜園、秋ものの準備

安定していい天気が続くようになったのは、7月になってからで、夏は始まったばかり、と思うけど、植物はそうは思わないらしい。

マリーゴールドは、まだまだたくさん花をつけているけど、花がちょっと小さくなった。ビタミン菜も勢いがなくなってきたし。そろそろ、秋ものの種まきの時期かも。ワイルドアルギュラ(いや、wall arugula とか wall rocket と呼ばれているものかもしれないけど。和名はロボウガラシ?)とチコリの種をまいた。

ワイルドフラワーのプランターに、また、謎の花。

草丈は約20センチ、ピンクっぽい薄紫の花は4弁で、いくつも固まっているのが外から咲いていく。葉は小さくて、互い違いにはえ、葉にも茎にも、毛はない。

種袋に表示のある植物の中で、一番近いのは、dame's rocket (Hesperis matronalisなんだけど、なんかちょっと違うんだよねえ。wiki によると、和名はハナダイコン。でも、うちのはこんなに大きくないし、葉に毛がないんだけど?

下の写真は、散歩中に見た雑草(?)私の背丈くらいある。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

2 件のコメント:

  1. 最初の薄紫のお花は、Candytuftみたいに見えますね(^^

    こちらの写真など、かなり似ていると思います(詳細説明も載っています。)
    http://www.geocities.jp/switch_naochannel/iberis-umbellata.htm

    Candytuftはロックガーデンなんかに、周りに何もなく余裕を持って植えられると、こんもりと丸く茂って見事な花がたくさん咲きますけど、
    他のお野菜の合間にもやし状態で育ってしまって、株立ちが悪くなっているのかなと思います。

    最後のお写真はマツムシソウ科のTeasel(ラシャカキグサ)ですね。
    その名の通り、昔はラシャ布を毛羽立たせるのに使われていたらしいです。
    花が終わった頃に干してドライフラワーにするとかっこいいです。

    返信削除
  2. あぁ、これです!ありがとうございます。
    teasel は、本当に印象的です。ドライフラワーにする。。。なるほど。

    返信削除