2012年12月17日月曜日

ナス科野菜と関節炎、ナマのアブラナ科野菜と甲状腺機能低下、など

ナス科の野菜(トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモ、クコ、調味料の唐辛子、など)を、意識的に避けるようになって、しばらくたつ。2週間くらいやめてから、ちょっと、試しにジャガイモを食べてみたら、途端に腰痛がひどくなった。

あのー、わたし、こういう話を、人を脅すために書いているわけではないのです。ナス科の野菜をちゃんと消化できる人もたくさんいると思うし、そういう人は、全然気にしないで食べてください。

消化吸収能力には、個人差があると思うのです。そして、その人の消化能力を超えた質と量の食べ物は、一般にどんなにからだにいい食べ物でも、その人にとっては、害になると思うグルテンは、典型的な例だし、その他の食物アレルギーもそう。

この手のことは、日本では、まだあまり知られていないと思うのです。ちゃんと知った上で、自分の胃腸や体調全般と相談して、自分はどうしたいのか、決めていくのが大切なんじゃないかな。

知らなかったら、かわいそうじゃないですか。例えば、このナス科の野菜の問題でも、長年、関節炎に苦しんでいる人で、ある種の食べ物を避ければ、ずっとよくなるかもしれないのに、知らないで苦しみ続けていたら。

ナス科の植物は、一般に、有毒です。食べられるのは、毒が比較的少ない、植物の一部だけ。例えば、トマトで食べられるのは、実だけだし、その実も、未熟のものは、まだアルカロイドがあるので、注意が必要。ジャガイモの芽を避けるのも、同じ理由です。食べ物じゃないけど、タバコもナス科で、ご存知のように、食べたらごく少量でも死んでしまいます。

で、ナス科の野菜のほとんどは、南米原産で、世界の他の地域へは、コロンブス以後、広まったわけでしょう。つまり、ほとんどの人類にとっては、非常に新しい食べ物なわけですよ。そういう新しい食べ物に適応できない人が、結構な数いても、不思議ではないです。

言い換えると、ナス科植物を、ばりばり消化できちゃう新人類と、ナス科の野菜を食べていると(すぐにでなくても、いつかは)関節炎などの悪影響が出てくる旧人類がいるんじゃないかな。で、自然のままなら、旧人類は、自然淘汰されてしまうんだけど(関節炎がひどくなって、自力で自由に動けなくなったら、原始社会では、死んでしまう)、近現代は、そうじゃないから、私みたいのでも、なんとか生き延びていると。

まあ、そういう説、可能性もある、ということです。自分にとっての、ナス科の野菜の影響は、自分で確認してください。私も、読んだだけでは納得できなくて、それで、しばらく食べるのをやめてから、復食したら、なんとまあ、はじめに書きましたけど、腰痛が悪化するんだから、イヤになっちゃうじゃありませんか。

しつこいようですが、決して、みんなに向かって、ナス科の野菜は食べない方がいい、グルテンも危ない、FODMAP の野菜や果物もダメ、レクチンにも注意、といっているわけではないです。

あ、ついでに、その他に注意した方がいいかもしれない食べ物についても、書いておこう。

ナマのアブラナ科の野菜(キャベツ、ケールなど)には、ゴイトロゲンという甲状腺機能を妨げる物質があるそうです。ゴイトロゲンって、以前、大豆について書いた時にでてきたんですが、これも、日本ではほとんど話題にならないようですね。私も、ずっと知らなくて、グリーンスムージーにケール入れてました。(私は、甲状腺は特に問題ないはずなので、それほど気にしてはいませんが)

これは、加熱調理するか、発酵させれば、オーケーなんだそうです。だから、昔ながらの乳酸発酵させたザワークラフトや白菜漬けは、大丈夫。(大根おろしはどうなんでしょうね?よく知りません)

それから、これはもう、よく知られているでしょうが、砂糖は、すべての種類の炎症を悪化させます。だから、関節炎の人も、胃腸の弱い人も、要注意。

果糖は、体内で、アルコールと同じように代謝するそうです。単糖類の中でも、ブドウ糖は、全身の細胞がエネルギー源として使えるので、比較的速やかに処理されるのですが(もちろん、とりすぎれば、インシュリンが大量にでて、脂肪として蓄積される)、果糖は、小腸で吸収されると、即、肝臓に運ばれて、そこで、アルコールとほとんど同じ化学変化をするそうです。

だから、果糖のとり過ぎは、アルコールのとり過ぎと同様、肝臓を痛めるようです。まあ、果物を少し食べるくらいは大丈夫でしょうが、ハイフルクトースコーンシロップ(液糖)やアガベには、要注意。砂糖(ショ糖)も、ブドウ糖+果糖なので、食べ過ぎれば、果糖の過剰摂取になります。


病気を治すのには、1に、原因を取り除くこと、2に、自然治癒力が働くのを助けてあげること、だと思う。いくら、薬やサプリや「からだにいいもの」をとっても、自分のからだにあわない物を食べ続けたり、その他、からだに害となる生活習慣を続けていたら、いたちごっこだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

2 件のコメント:

  1. アケミさん、こんにちは!
    久しぶりにコメントを書きます(ブログは欠かさず拝見しています)。
    「○○が消化しにくい人」もいて、そういう人が○○を食べ過ぎるとコレコレという不具合が出てくる、っていうのを知識として持っておくだけでも全然違いますよね。
    ちょっと頭の隅に置いておけば、自分にそんな不具合が起きたらアケミさんのように○○を食べるのをしばらくやめてみる、っていう行動をとってみることができますよね。
    食べ物のアレルギーというと、日本だと劇症型アレルギーしか話題にならないことがほとんどです。
    生のアブラナ科の食べ物の話だと、アメリカで生の白菜を食べすぎて昏睡状態になった人がいた、というニュースを日本でも読むことができましたが、それだって、昏睡状態になったからニュースになったわけで、なんとなく体調が悪い、体に不具合が出てきた、っていう程度だとある特定の食べ物のせいだと考えることはあまりないですね。
    むしろ、ある種の食べ物を食べないから調子が悪いのでは?と考える方向に行きがちなように思います。
    最後の2,3行「いたちごっこ」のところ、個人的にも頭が痛いです。

    返信削除
  2. そうなんですよ!基礎知識があれば、より適切な判断ができると思うのです。「そんなの、あれが悪い、これが悪いなんて、話を聞いているだけでうっとうしい」という人もいるでしょうが、知っていても、いなくても、からだへの影響は変わらないわけですから。

    「ある種の食べ物を食べないから調子が悪いのでは?と考える方向」、これ、アメリカでも日本でも、多いですよね。「○○によい食べ物」という宣伝の影響なんでしょうね。「○○に悪いかもしれない食べ物」は、知識が広まるほど、商売に悪影響する人がでてきますからね。

    返信削除